FC2ブログ

アヒル麺 クィッティオ・ペッ

アヒル麺 クィッティオ・ペッ

アヒルの肉のクィッティオ、クィッティオ・ペッです。
「辛い」のタイ語も”ペッ”ですが、アヒルの”ペッ”とは
同じではないそうで、どう違うのか聞いてみると
「辛い」は”ペッ”で「アヒル」は”ペッ”だそうで、
島田一の介の田中角栄と田中真紀子ほど違うようです。
スープはあっさり目ですが、しっかりコクがあっておいしかったです。
その分、アヒルは出し殻のようでした。

主な材料 
・ アヒル(鴨肉)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

キングオブタイブログ


タイ・ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

極細麺ビーフン・センミーのミーカティ

極細麺ビーフン・センミーのミーカティ

近所の惣菜屋のミーカティ、細麺のセンレックで食べるのが
普通ですが、先日お気に入りの食堂で食べた
極細麺ビーフン(センミー)のラートナーがあまりにも美味しかったので、
今回はセンミーで頼んでみました。
ちなみに、この近所の惣菜屋は、屋台でもなく食堂でもなく、
壁のない屋根だけの建物の下で、まったりと営んでいます。
屋台の機動性も、食堂の落ち着きもないわけですが、
近所の犬どもには居心地がよさそうで、雨や陽射しをよけるだけでなく、
残飯にありつくことも出来ます。
特に流し台があるわけでなく、大きなバケツに洗い物を
貯めているのですが、それを犬が舐めまわすわけで、
残飯ではありますが、器は人間様と共用です。
日本なら犬もろとも惣菜屋一式、保健所に連れて行かれそうですが、
こちらでは、誰も何も言いません。いや、私は汚いぞ、と言いました。
でも何が汚いのか意味が通じてなかったようです。
この惣菜屋は犬だけでなく近所の人にも、結構人気があるようです。
で、センミーのミーカティですが、器はうちから持参しました。
センミーは、一つの皿の中に色んな食感があり、
固めのゴムのようだったり、ふにゃふにゃのゴムのようだったりしました。
それでも多分、誰も何も言いません。

( ・センミーのラートナー ・ミーカティ )

主な材料
・ センミー
・ レッドカレー
ココナッツミルク
・ 豚の挽肉
・ 卵
・ モヤシ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

キングオブタイブログ


タイ・ブログランキング

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

餡かけビーフン(細麺・センミー)

餡かけビーフン(細麺・センミー)

餡かけ麺、ラートナーといえば揚げ麺か、あるいは
ビーフンの太麺・センヤイが常套ですが、
以外と美味しいのが、細麺・センミー。
たまたまこの写真の分が特に美味しかったのかも知れません。
スープを一口すすって、こりゃ美味いと思いました。
エスニックというよりも中華的な美味しさです。
具もプルンプルン弾んでおり、
センミーは心地よいズルズル感がいかしていました。
今まで食べたセンミーは(主にクィッティオ)、素麺の紛い物のような
感じでしたが、今回のセンミーは、素麺なんかといっしょにするんじゃないと
主張しているかのようでした。
料理人の腕が良かったのか、ラートナーとは特に相性が良いのか、
今後センミーに注目してみようと思います。

主な材料
・ センミー
・ 豚肉
・ カナー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

キングオブタイブログ


タイ・ブログランキング

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

パッシーユー

パッシーユー

ビーフンの醤油炒め、パッシーユー。パッは炒める、
シーユーは醤油、この料理では中国系の黒醤油、
シーユーダムを使います。
ほかにオイスターソースも使い風味豊かに仕上げます。
ビーフンは太麺(幅広麺)のセンヤイを使うのが一般的で、
もっちりした食感が濃いソースに良く合います、
と、いうのは最初の内で、だんだんしつこくなって来て
終いには残念な気持ちになって来ます。
特にイサーンでは必要以上に油を使うので、
そんな物やら鍋の灰汁が染み込んだセンヤイは、
モチモチ感がアダになり、こんなことなら、ラートナーにしておけば
良かったと、スープで弾むセンヤイの食感が必ず脳裏に浮かびます。
料理人の技量、個性によっては違う結果になるのかも知れません。
写真はフライパンの中のパッシーユー。シーユーダムで
炒めたあと、オイスターソースを足したところです。
炒めるというより、混ぜくるといった方が当たったている
躍動感のない鍋さばきでした。

主な材料
センヤイ
・ カナー
・ 卵
・ 豚肉

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

キングオブタイブログ


タイ・ブログランキング


テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

バミームーデン

バミームーデン

鶏がらスープのあっさり系チャーシュー麺、バミー・ムーデン。
ムーデンは発音的にはムーデーン、意味は紅の豚です。
その割にはコクもシブみもなく無難に美味しい感じです。
見るからにルーツは中華的ですが、
日本ではチャーシュー麺に進化、発展しました。
さすが職人大国ですね。

主な材料
・ バミー
・ ムーデン

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

キングオブタイブログ


タイ・ブログランキング

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

パッタイ

パッタイ

美味しいパッタイのお店からは歯切れの良い鍋の音が聞こえて来て
香ばしいナンプラーの香りが漂っています。
「パッ」は炒める、「タイ」はタイランドのタイ、お国炒めパッタイです。
どちらかと言うとイサーンの人は、トントントンと壺を突くのは得意ですが、
勢いよく鍋を振るのはあまり上手でないようで、
美味しい炒め物の店は、ベトナム系や中華系のお店だったりします。

主な材料
・ センレック
・ モヤシ
・ ピーナッツ
・ 卵
・ 揚げ豆腐
・ 干し海老
ライム

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

キングオブタイブログ


タイ・ブログランキング

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

カテゴリ
最新記事
リンク
エスニック・タイ料理サイト
タイ関連サイト



リンク用バナー
当サイトはリンクフリーです。


(C) 熱帯花図鑑


(C) タイ壁紙写真館
管理画面
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
プロフィール

s29f

Author:s29f
タイ国在住エスニックファン
カメラは伝説の名機
オリンパスのE-1をブレを
気にしながら使っています。
現役の普及機が欲しい
今日この頃です。
(写真の転載はお断りします)

お問い合わせ(メールフォーム)